2014年05月05日

視力回復アドバンスメソッド 「血流・自律神経で視力回復」


視力回復をあきらめるのは、まだ早い!

血流や自律神経を改善することで視力は回復します。


【視力回復アドバンスメソッド】に取り組んでみてください。

今までなかった新しい方法(全身的な改善法)です。


banner1.gif



まず、視力低下の原因は目だけにあるのではない、という事を理解してください。本当の視力回復はそこからスタートします。


眼科での一般的な治療や民間の視力回復トレーニングのほとんどは、ピント調節など、目の機能の改善だけを考えていると言ってよいでしょう。


ところが、よくよく考えてみると、これは片手落ちであることがわかります。目も体の器官の1つ。ほかの器官や要素と密接な関係のもとに機能しているわけです。


つまり、目の機能が正常であっても、体の他の部分に問題があると、視力が低下する可能性があるということなのです。


比較的わかりやすい例に糖尿病があります。糖尿病が恐れられている理由は合併症が悲惨だからですが、その合併症の一つに「糖尿病網膜症」があります。糖尿病網膜症は網膜の毛細血管の血流が悪くなるために、網膜に十分な酸素や栄養が行かなくなることで起こります。進行すると失明しますが、大元の原因は血糖値が高い事であり、目の機能とは関係ないですよね。


この糖尿病網膜症の例だけを見ても、視力低下の原因が目だけにあるのではないという事がわかるでしょう。


それでは、目の機能以外の視力低下原因とは何なのでしょうか?


新しい視力回復方法である【視力回復アドバンスメソッド】では、次の3つを重要ポイント(原因)であるとしています。


● 血流の悪化
● 脳の衰え
● 自律神経のバランスの乱れ


これらの原因を取り除くことで、根本的に視力を回復させようというわけです。


血流に関しては糖尿病網膜症の例からイメージできるでしょう。


脳の衰えとはどういうことなのか?目は光を感じるセンサーにすぎません。目にインプットされた情報が脳に伝わり、それが処理されてはじめて「見えた!」となるわけです。脳の働きが低下していたり、目と脳の連携がスムーズでないと、脳での認識(脳内視力)に影響します。


また、自律神経は無意識の状態で体の各部位をコントロールしている神経です。自律神経のバランスが乱れると、体の各部位に様々な症状が出てきます。視力にも大きく影響することがわかっています。


このように見てくると、目の機能しか考えていない視力回復法は、何かおかしいと思いませんか?


【視力回復アドバンスメソッド】は、そんな従来のやり方の問題点を解消した新しい視力改善法です。だから、今までのやり方で結果が出なかった人でも、このアプローチなら視力を回復して、メガネやコンタクトから解放される可能性があります。


実践した人々の実績を見ると、大まかに言って「0.1 ⇒ 0.9」程度の改善は十分に可能なようです。所要期間は個人差が大きいようですが、1ヶ月程度で効果が表れるというのが一応の目安です。


みんなが何となく信じている健康常識は実は大間違いだ、ということがけっこうあります。ピント調節機能だけしか考えていない視力回復法もその1つでしょう。


従来の方法で駄目だった方や、従来の方法に疑問を感じる方は、ぜひ【視力回復アドバンスメソッド】を試してみてください。



詳細はこちらをクリック




【視力回復アドバンスメソッド】の特徴や効果を紹介しています。【視力回復アドバンスメソッド】は血流や自律神経のバランスなど、目の機能以外の改善も取り入れている点が新しく、今までの方法で駄目だった人もメガネやコンタクトを外せる可能性があります。




【荒木式】高血圧改善プログラム

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム


ラベル:視力回復
posted by Cloelia at 15:11| 視力回復アドバンスメソッド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。